個人輸入代行について

以前は海外旅行に出かけたついでに買物をするのが一般的でしたが、最近ではインターネットの普及によって自宅に居ながらにして海外から買い付けることができるようになったため、現在では個人輸入というとネットを利用したものを指すのが一般的になっています。輸入通販での入手は、専門業者を通して個人輸入するという購入方法です。医薬品を格安の価格で購入できるのも個人輸入の魅力です。海外の医薬品の価格が安いのはジェネリックが普及しているからです。

海外の医薬品は、個人で購入して自分で使う範囲なら輸入が許可されています。購入の際に、輸入に関する難しい手続きを代行してくれるのが個人輸入代行業者の存在。医薬品の個人輸入による購入は、「処方箋不要で購入できる」「薬の費用を節約できる」「購入の手間や時間がかからない」「人目を気にせず注文できる」「レビュー等を参考にできる」等の利便性が考えられます。

個人輸入のメリットについて
・入手しにくい品物が手に入る
日本では販売されていない商品が手に入ることがある点も、個人輸入の魅力の一つです。病院等に忙しくていけない・病院は嫌いだから行きたくない・病気によっては病院に出入りしている所を近所の人や会社の同僚や上司等に見られたくない等の場合には、大変便利な方法であると言えます。

・比較的安価である
とくに円高の時期は、海外のショッピングサイトで注文したほうが、同じ商品をより安く購入できる可能性があります。

個人輸入デメリットについて
・個人輸入は自己責任
製品の効果や副作用・偽物のリスクも全て含めて個人輸入で手に入れたものの使用は完全自己責任となります。つまりいかなる障害が起こったとしても誰にも責任を問うことはできないということです。少々理不尽に感じるかもしれませんが、原則的にそういうルールになっているので、もし裁判を起こしたとしても勝てる可能性は低いと思います。

・重篤な副作用の危険性
医師を通さず自己判断で入手し服用することで、思わぬ副作用が発症する可能性があります。また、日本未認可の薬品やサプリメントを使った時も同様です。軽度の副作用であれば、問題ありませんが、アナフィラキシーショックに代表される、重度のアレルギー反応や、 重篤な副作用が起こる可能性は否定しきれません。